京都ぶらり

大好きな京都のお薦め観光スポットや街並みなどの情報発信しています。

京都ぶらり 祇園白川 彼岸花 曼珠沙華

 

 

f:id:hiroshi0369:20210926005654j:plain

f:id:hiroshi0369:20210926005717j:plain

f:id:hiroshi0369:20210926005807j:plain

f:id:hiroshi0369:20210926005741j:plain

祇園白川

いつもの大好きな場所、祇園白川にも彼岸花が咲いていました。

彼岸花は夏の終わりから秋にかけて咲く多年草で球根植物です。

多くの植物は春に芽を出し、夏に葉を繁らせ秋に枯れますが、

彼岸花はその逆で冬に葉を繁らせ春に枯れ、秋に花を咲かせます。

一般的に呼ばれている彼岸花は、秋の彼岸の頃に開花することにちなんだ名前です。

彼岸花は別名が多いことで知られています。

その数、なんと1000以上とも。一番多く耳にするのは曼珠沙華ではないでしょうか。

法華経などの仏典に由来し、梵語で「紅色の花」を意味すると言われています。

彼岸花曼珠沙華花言葉は「情熱」「悲しい思い出」「思うはあなた一人」などの

意味があるそうで、また花の色によっても花言葉が違い

赤は「情熱」「諦め」「独立」

白は「また合う日まで」「思うはあなた一人」

黄色は「追想」「深い思いやり」など

また別名もたくさんあるそうで「彼岸」「あの世」から不吉な言葉を

イメージする別名がたくさんあるそうです。

死人花 地獄花 幽霊花 剃刀花 狐花 捨子花

毒花 雷花 痺れ花 葉見ず花見ず など

ちなみに「曼珠沙華」とはサンスクリット語で「天界に咲く花」

「見る者の心を柔軟にする」という意味もあり

「赤い花」「天上の花」として、めでたい兆しとされることもあるそうです。

少しづつですが秋の気配を感じる今日この頃でした。

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ
にほんブログ村


京都市ランキング